Labo288

プログラミングのこと、GISのこと、パソコンのこと、趣味のこと

続TableviewのCell再利用の罠


はじめに

前回の記事で述べたとおり、TableViewは、画面外のセルは「存在しません」(画面内に入る直前で描写される)。 この仕様でさらにハマった点があったので追記。

ハマったところ

通常のTableViewの使い方は、セルに表示したい情報を、デリゲートメソッドで記述する、と思われます。 私は、セルにユーザが入力するUIを設置して、そのUIに入力された文字列すべてをもとにデータを作成する関数を実装しました。 すると、一度入力されたセルであっても、画面外になると「セルが存在しない」ので「UIも存在せず」、「その値を取得出来ない」事になりました(nilクラッシュ)。

解決法

こういう実装をしない