Labo288

プログラミングのこと、GISのこと、パソコンのこと、趣味のこと

アコギに!速弾きに!最高にオススメ出来るピック【Clayton Spike 0.56mm】


f:id:kiguchi999:20190108031747j:plain

はじめに

ギター弾きにとって、最高のピック探しは永遠のテーマ。ギターにはこだわるのにピックにこだわらない、そんなバカな話はありません。弦に直接触れるこの道具の重要性は語る必要はありません。そんな私がたどり着いた、現状最高のピックを紹介します。 www.soundhouse.co.jp

良いピックとは?

形状、厚み、材質…様々な要素がピックを構成する変数として存在するわけです。それぞれの重要性について、演奏性(弾きやすさ)、音質という2つの点から説明します。

演奏性

ピックの形状は皆さんの好みで選択すれば問題ありませんが、一般的には小さいピックの方が弾きやすいとされています。またピックの硬さ(厚みと材質)ですが、個人的な意見として硬すぎない材質が最も演奏性が高いと考えています。というのも、多少の柔らかさ・しなやかさがあれば、ピックの硬さが弦の硬さに負ける事で、弦をはじきやすいと感じるためです。柔らかすぎず、硬すぎず…

音質

エレキギターははっきり言ってピックによる音質の差はほとんどありませんので説明はありません。アコギについてですが、薄いピックの方が良い音で鳴ります。経験則になってしまいますが、これは間違いありません。厚い・硬いピックで弾くとくぐもった音薄いしなやかなピックで弾くとブライトな音が鳴ります。一方で、薄ければ当然柔らかくなるので柔らかすぎない材質である事が重要です。

まとめ

以上の事から、なるべく薄くて、それでいて柔らかすぎず、小さいピックが私の考える最高のピックです。その要求を満たすピックが今回紹介したClayton Spike 0.56mmでした。ピックにこだわりのある方々にオススメしたいですし、こだわりのなかった方には、本記事を参考に理想のピック探しを始めてみていただければと思います。