Labo288

プログラミングのこと、GISのこと、パソコンのこと、趣味のこと

USBオーディオIFがiPad Pro(2018)で使えた!


はじめに

第3世代iPad Proは、従来の独自規格であるLightning端子を廃し、汎用規格であるUSB type-Cを採用しました。変換端子をかませば多様な端末を接続出来るものの、ドライバのインストールが必要なデバイスは利用出来ません。そんな縛りがあるなか、たとえばオーディオインターフェースは使えるのだろうか、と思い手持ちのヤマハのオーディオIFを接続してみたところ、バッチリ使えました!本記事はそのレポートとなります。

使用機材

  • iPad Pro12.9inch
  • YAMAHA MW10c USBオーディオインターフェース
  • USB type-A to type-C変換端子

接続の様子

全景

f:id:kiguchi999:20181126005026j:plain

iPad Pro

f:id:kiguchi999:20181126005106j:plain

MW10c

f:id:kiguchi999:20181126005050j:plain

接続結果

Garagebandにて検証したところ、iPad Pro側の音声出力およびオーディオインターフェース側の音声入力ともに成功しました。この事から、おそらくドライバを必要としないUSBオーディオインターフェースについては同様に接続・利用可能と思われます。

感想

iPad Pro(とGarageband)とオーディオインターフェースがあれば、簡単なレコーディングやDTMができるようになりました。汎用規格ならではのメリットではないでしょうか。iPad Proは、その名のとおりDTMやイラスト等、クリエイター向けに非常に優れたデバイスといえますね。